News

[NEWS!] UTokyo Voices に取り上げられました!関連の皆様ありがとうございます。光は「道具」ではなく「素材」。分野を絡み合わせた研究が新たな可能性を拓く。| UTOKYO VOICES 093 (2020/7/16)

[NEWS!] 光を用いたモデル選択の論文が Scientific Reports 誌 に掲載されました!リザーバコンピューティングと意思決定の融合。 Adaptive model selection in photonic reservoir computing by reinforcement learning (2020/6/22)

[NEWS!] 2020年9月の応用物理学会(オンライン)にて下記発表を行います。

  • 鈴井 洸胤(D1),Nicolas Chauvet,内山 和治,内田 欣吾,堀 裕和,成瀬 誠: フォトクロミック結晶の近接場光の空間分布により生成したSchubert多項式の多様性
  • 漆原 昂(M1),二コラショヴェ,河内 聡志,砂田 哲,菅野 円隆,内田 淳史,成瀬 誠:レーザーカオス時系列を用いたQ学習の提案と実証

[NEWS!] カオスを用いた順位認識の論文をarXivに掲載しました。Arm order recognition in multi-armed bandit problem with laser chaos time series (2020/5/28)

[NEWS!] 無線双方向時刻同期を用いた情報伝達の論文をarXivに掲載しました。Information transfer based on precision time synchronization via wireless interferometry (2020/5/27)

[NEWS!] 大学院入試説明会での 研究室紹介資料を掲載しました!(2020/5/23)

[NEWS!] ニコラ ショヴェ博士が助教に着任しました!(2020/4/1)

[NEWS!] メンバーのページを更新しました!(2020/4/1)

[NEWS!] 科研費 基盤A「光の極限性能を生かすAIフォトニクス高次機能の創成」が採択されました。CRESTと併行し発展を目指します。NICT志賀先生、山梨大内山先生と協働 (2020/4/1)

[お知らせ] 授業について(認識行動システム論第一、認識行動システム論第二)オンライン授業にて行われます。アクセス先は UTAS を参照してください。

[NEWS!] 電子情報通信学会誌 2020年3月号 小特集「量子技術に着想を得た次世代コンピューティング」に解説論文が掲載されました!「光を用いた意思決定メカニズム」 (PDF)

[NEWS!] 日本工業出版「光アライアンス」2020年3月号 特集「AIで進化する光学技術」に解説論文が掲載されました!「光を用いた意思決定の展開」 (link)

[NEWS!] フォトクロミズムを用いた多項式系列生成に関する研究が Scientific Reports に採択されました!意思決定・順序の問題解決に向けた重要な達成と位置づけています "Generation of Schubert polynomial series via nanometre-scale photoisomerization in photochromic single crystal and double-probe optical near-field measurements" (link)

[NEWS!]「確率のカオス」の実験的実証が Applied Physics Express (APEX)に掲載されました!フランス・グルノーブルアルプス大学との共同研究 "Experimental demonstration of random walk by probability chaos using single photons" (2020/3/20) (link)

[NEWS!] 埼玉大学内田淳史教授らとの共著で JJAP 誌の特集 "Physics and devices toward artificial intelligence" に招待レビュー論文 "Reservoir computing and decision making using laser dynamics for photonic accelerator" が掲載されました!(2020/3/12) (link)

[NEWS!] メンバーのページを更新しました(2020/2/18)

[NEWS!] 卒業論文の発表が完了しました!(2020/2/12)

  • 成澤直輝「多本腕バンディット問題における腕順位認識へのレーザカオス時系列の応用」
  • 小山大次郎「無線双方向時刻同期に基づく情報伝達」

[NEWS!]Keynote Presentation at SPIE Photonics West (Conference 11299: AI and Optical Data Sciences) on Feb 4, 2020. (slides)

[NEWS!] カオスを用いたWiFiの研究が Scientific Reports に採択されました! "Dynamic channel selection in wireless communications via a multi-armed bandit algorithm using laser chaos time series" (link)

[NEWS!] 国際会議 The 8th Korea-Japan Joint Workshop on Complex Communication Sciences (KJCCS)にて本研究室の成澤直輝君(B4)が Best Student Paper Award を受賞しました!

[NEWS!] 国際会議 The 8th Korea-Japan Joint Workshop on Complex Communication Sciences (KJCCS)にて下記発表をしました!

  • Order Recognition in Multi‐armed Bandit Problem with Chaotic Laser Time Series, Naoki Narisawa 1, Nicolas Chauvet 1, Mikio Hasegawa 2 and Makoto Naruse 1 (1 The University of Tokyo, Japan, 2 Tokyo University of Science, Japan)
  • Information network using precision time synchronization via wireless interferometry: delay tolerance and skew evaluations, Daijiro Koyama 1, Nobuyasu Shiga 2, Satoshi Yasuda 2, Nicolas Chauvet 1 and Makoto Naruse 1 (1 The University of Tokyo, Japan, 2 National Institute of Information and Communications Technology, Japan)
  • Channel selection in wireless communications by multi‐armed bandit algorithm using chaotic time series, Shungo Takeuchi 1, Makoto Naruse 2, Kazutaka Kanno 3, Atsushi Uchida 3 and Mikio Hasegawa 1 (1 Tokyo University of Science, Japan, 2 The University of Tokyo, Japan, 3 Saitama University, Japan)

[NEWS!] CREST光意思決定プロジェクトの中間評価会(2019.12.17)での発表スライド(の一部)をアップロードいたしました。AI、光、理論、プログラミング、デバイス・・・様々なフロンティアが交わるエキサイティングな先端学際領域です。みなさんの興味の視点から、最先端の光情報システム研究に関わってみませんか!(PDF)

[お知らせ(授業)] システム情報工学演習第2参考文献のページ (link)

[NEWS!] Nature Research"Behavioural and Social Sciences"(行動科学及び社会科学) というサイトにご招待いただき寄稿しました!"Team decision making by quantum light" (link)

[NEWS!] APL Photonics でのPerspective論文が同誌2019年9月号の表紙に選ばれました!(link)

[最近の論文から注目のもの!] APL Photonics での Perspective論文(2019)!, IEEE JSTQE 招待論文(2019)!, もつれ光子ディシジョンメーカー(Scientific Reports, 2019)!, カオスでデータ生成(Scientific Reports, 2019)!

[近況] スペイン・マヨルカのIFISC(Institute for Cross-Disciplinary Physics and Complex Systems)のAndre Rohm博士が共同研究のため滞在(2019.11.18~2019.11.27)

[近況] フランス・グルノーブルの Univ Grenoble Alpes 及び CNRS より Serge Huant 博士および Guillaume Bachelier 博士が共同研究のため滞在(2019.10.21~2019.11.1)

[お知らせ] シンポジウム「圏論的世界像からはじまる複合知の展望」を開催します。(2020.1.25 慶応大学)

[NEWS!]西郷甲矢人先生と本研究室成瀬の対談記事が出ました!(「圏論の道案内に先だって」技術評論社WEBサイト)。記事はこちらです(全6回)

[お知らせ] 2019.5.19 大学院入試説明会(link) システム情報第7研究室の紹介ポスターの電子版はこちらです

[最近の論文から](全リストはこちら

  • K. Kitayama, M. Notomi, M. Naruse, K. Inoue, S. Kawakami, and A. Uchida: Novel frontier of photonics for data processing - Photonic accelerator, APL Photonics, Vol. 4, No. 9, pp. 090901, September 2019. (doi)
  • APL Photonics誌 Perspective 論文!(CREST次世代フォトニクスの複数チームの研究者が一丸となって執筆!光アクセラレーターの概念を提案。メディアでも多数報じられています(altmetric)
  • M. Naruse, T. Matsubara, N. Chauvet, K. Kanno, T. Yang, A. Uchida: Generative adversarial network based on chaotic time series, Scientific Reports, Vol. 9, Article No. 12963, September 2019. (doi)カオスをGANの潜在変数に用いるという試み。レーザーカオスから人工データ生成という新たな可能性を拓く。
  • N. Chauvet, D. Jegouso, B. Boulanger, H. Saigo, K. Okamura, H. Hori, A. Drezet, S. Huant, G. Bachelier, and M. Naruse: Entangled-photon decision maker, Scientific Reports, Vol. 9, Article number 12229 (2019). (doi) チーム一丸となってみんなの利益の最大化、公平性の実現、出し抜き行為禁止、を光を用いて実現(もつれ光子ディシジョンメーカー)
  • M. Naruse, N. Chauvet, A. Uchida, A. Drezet, G. Bachelier, S. Huant, and H. Hori: Decision-Making Photonics: Solving Bandit Problems Using Photons, IEEE Journal of Selected Topics in Quantum Electronics, Vol. 26, No. 1, Article No. 7700210 (2020). (doi) (Invited paper)IEEE JSTQE誌における特集 Photonics for Deep Learning and Neural Computing での招待論文
  • R. Homma, S. Kochi, T. Niiyama, T. Mihana, Y. Mitsui, K. Kanno, A. Uchida, M. Naruse, and S. Sunada: On-chip photonic decision maker using spontaneous mode switching in a ring laser, Scientific Reports, Vol. 9, Article number 9429 (2019). (doi)光チップ(マイクロリングレーザー)を用いた意思決定。発振の自発的反転を活用
  • H. Suzui, K. Uchiyama, R. Nakagomi, H. Saigo, K. Uchida, M. Naruse, and H. Hori: Generation of Schubert polynomial series by nanophotonics, arXiv:1907.05625 (link)
  • H. Saigo, M. Naruse, K. Okamura, H. Hori, and I. Ojima: Analysis of Soft Robotics Based on the Concept of Category of Mobility, Complexity, Vol. 2019, pp. 1490541 (2019). (doi)

[最近の学会発表から](全リストはこちら

  • M. Naruse, N. Chauvet, S. Huant, S. Sunada, A. Uchida, and H. Hori: Decision making using classical and quantum light, AI and Optical Data Science conference, SPIE Photonics West, February 2020 (Keynote)
  • 王 允卓、中村文彦、志賀信泰、安田 哲、Nicolas Chauvet、成瀬 誠: 時刻同期を用いた単一ワードアービトレーション光ネットワーク、第79回応用物理学会秋季学術講演会、講演予稿集(2019.9.20) ピコ秒レベルの時刻同期技術 WiWi を用いた遅延保証できるネットワークを提案
  • N. Chauvet, M. Ethis de Corny, G. Laurent, A. Drezet, G. Nogues, G. Dantelle, T. Gacoin, A. Uchida, H. Hori, S. Huant, G. Bachelier, M. Naruse: Single hybrid plasmonic structures for efficient photon pair production at the nanoscale, The 10th International Conference on Metamaterials, Photonic Crystals and Plasmonics (2019.7.23, Lisbon) (Invited)
  • M. Naruse, N. Chauvet, A. Uchida, S. Huant, H. Hori: Decision Making by Photons, Conference Proceedings of The 15th International Conference on Multimedia Information Technology and Applications (MITA2019), Keynote Speech 4 (Ho Chi Minh City, 29019.6.29) (Keynote)

        

過去のお知らせはこちら

Concept



光・自然系を活用したシステムデザイン

光を含めた自然界の数物構造に対し、システム情報学の視点からアプローチし、物理系とシステムアーキテクチャの適切な数理的理論化、並びに光電子デバイス・レーザーカオス・ナノ光学などによる実現技術の構築を行い、意思決定機能などの革新的なコンピューティング、物理セキュリティなどの新機能創造に向けた研究を行います。

学生のみなさまへ:本研究室は2019年4月に生まれた新しい研究室ですが、CRESTプロジェクトをはじめとして、活発に研究を展開しています。大学院(修士課程・博士課程)に是非ふるってチャレンジいただければ幸いです。このWEBサイトに紹介のテーマに限らず、独自の発想に基づいた、特徴のある新たな研究の創造に強い関心を有しています。新たな研究領域を切り拓いていきましょう!

RESEARCH



1) AIフォトニクス-光を用いた意思決定-

人工知能の基本課題のひとつである意思決定を、光の特長を生かし物理的に解決するメカニズムを構築します。光カオスによる超高速な意思決定などの新原理や、通信チャネルの瞬時割り当てなどの新機能を創出します。(本テーマはJST CRESTの支援を受けています。)

参考文献: 人工知能学会誌 (2018), Scientific Reports (2017), Scientific Reports (2018)

2) 機能システム構造学

情報通信技術の著しい発展のなか、新たな物理レイヤ技術の登場が、システムデザインやデータ分析技術の革新を促しています。アービトレーションフリーネットワーク、物理セキュリティ、新たな計測システムなど革新的なシステムアーキテクチャを探求します。

参考文献: Scientific Reports (2019), arXiv

3) 自然計算・自然変換デザイン

自然系を用いたコンピューティングの創造に向けて、「物理世界と情報世界を繋ぐ」というシステム情報学のアプローチの新たな基礎づけを目指します。圏論等の現代数学や実験に基づいたモデル理論構築を通し、今後の機能システムデザインの基盤となる学理を探求します。

参考文献: 人工知能学会誌 (2018), International Journal of Information Technology & Decision Making (2018) , Philosophies (2017), 光学 (2018), Complexity (2019), PLOS ONE (2018) 人工知能学会誌(堀)(2018), 人工知能学会誌(西郷)(2018)

People



Introduction